トップメッセージ

代表取締役社長 半澤裕史

信頼性の高い電気設備・工事を通じて産業の発展に貢献しています

日本経済が飛躍的な発展を遂げた1960年代。高度成長の陰で大気汚染や水質汚染が大きな社会問題になっていました。当社は、こうした環境問題を解決する工場の水処理システムの工事を手がける企業として1966年に設立。以来、確実・迅速な工事をモットーに多くのお客様の信頼にお応えする中で、着実に実績を重ねてまいりました。また、工場のFA化の進展に伴い電気設備の工事・施工や電機システム全般の企画設計~メンテナンスまで、事業を拡大してまいりました。
現在では、食品関連を中心に電気設備を要する、あらゆる産業分野において安全・安心・迅速をポリシーに、システムの企画・設計・施工・管理までの一貫体制を整え、お客様に最適な環境を提供しています。特に、食品工場の受電・受変電設備をはじめとする電気工事では豊富な実績を持ち、衛生管理・安全管理はもちろん、生産性向上につながる設計・施工・メンテナンスを行える数少ない企業として信頼を集めています。
当社は2016年に創業50周年を迎えました。これもひとえに多くのお客様や協力会社様のご支援の賜物と感謝しております。今後も「電気設備をマネジメントする工事会社」として付加価値の高い工事や改善提案を実践していきます。そして、次世代に技術とノウハウを継承し、100年企業へと着実に歩んでまいります。

ページトップへ